2015年07月29日

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)・モントブレチア

本校東門を入った円庭のサルスベリの根本に,ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)が咲いています。
ヒメヒオウギズイセンはスイセンの名は持ちますが,スイセンと同じヒガンバナ科ではなくサフランと同じアヤメ科の花であります。姫檜扇水仙(ヒメヒオウギスイセン)と書くように,葉の付き方が檜扇(ひおうぎ)の様で,花は水仙に似たヒオウギズイセンより小型と言う事から名の由来が来ており,モントブレチアが園芸種の名であります。
夏の河川敷や土手等、いたるところに朱赤色の目立った花を咲かせ,この花を乾燥させ湯に浸すとサフランの香りがする事から 「サフランの香り」 を意味するギリシャ語クロコスミアがその学名になっています。

hime15071601.jpg

hime15071602.jpg hime15071603.jpg
posted by 志高 at 18:56| ■11 校内スナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする